ABOUT

Product for people who seek a sense of independence no one can take away.
We purely consider the target objective as untitled to escape the tyranny of the eyes (not prioritizing the information that comes in through the eyes).
In this way, we can express our most solid identity in the fashion world which constantly has been tainted by trends.
Deciphering the creative work is not the most important part.
Selecting in unstable thoughts without narrowing the focus is what makes everyday life, and therein lies the elegance that transcends race. 
The essence of the brand is to create new basics with each passing season, and impact the wearer’s attitude.
This cannot be realized through the mere habit of seeking after a drug-like stimulus brought by rationalization or pursuing the gear-like aspects.
It creates a crowning point of emotions and sensations that rise and fall by the shared longing for design.
Also, spiritual minimalism can be achieved by giving the distorted perceptions a second thought.
Spiritual fulfillment can become something necessary in the form the sheer act of wearing a piece of cloth to expressing how society views us through fashion.

誰にも奪われない自立的な感性を模索する人に向けた日常品。目の専制を逃れるように対象物を無題として純粋に考察する。
そうすることで、常にトレンドに汚染されているファッションの世界において最も強固なアイデンティティを表明することができる。
創作について解読する事は最も重要なことではない。

焦点を絞らず不安定な思考の中で選択していくことが日常を作っていくことであり、そこに人種を超えたエレガントがあるといえる。
シーズンを重ねるごとに新たなベーシックを迎え、着用者のアティチュードへ影響を与えることが本質である。

それは、合理化がもたらすドラッグのような単なる刺激を追い求める習慣やギア的側面の追求などで実現することはできない。
デザインの渇望を共有することで起伏する感情、感覚の頂点を作り出す。それはこじつけられた認識を再考察することで精神的ミニマリズムも実現する。
この精神的充足は単なる布切れを纏う行為からファッションを通して社会にどのようにみられているのかを表現することに必要なものとなることができる。